数霊セラピーシステム「公式」ホームページHOME img 会社案内 お問い合わせ
img
HOME 数霊理論の説明 機器の紹介 セミナー・イベント ユーザーコミュニティ img
HOME > 理論の説明 数霊について

数霊について

数霊セラピーシステムの名前の由来は、日本の古神道における教え「数霊(かずたま)」から来ています。
古神道においては八百万の神という基本的な考えがあります。
つまり、すべてのものには神が宿ると言う考えです。
自然のなかに存在する、山、川、海、岩、大木などが御神体として祭られている神社は全国にたくさんあります。
古神道においてはあらゆるものに神が宿っていると考えるのです。

そして、わたしたちが普段何気なく使っていることばにも神が宿ると考えられています。
その考えを言霊(ことたま)と言います。
良い言葉、美しい言葉、心地よい言葉には、人や生き物、環境に対して良い影響を与えるエネルギーがあると考えられています。
そのような古神道の教えで、極めつけは数霊(かずたま)になります。
数に神が宿るという考えを表しているのが数霊ですが、この数は世界中どこに行っても共通の考え方です。

おそらく、宇宙のどこに行っても同じだろうと思います。
なぜなら、数とは私たちが住んでいるこの宇宙が存在している法則を表すための手段として生まれたものだからです。
宇宙が存在するための法則とは、いったいどのような法則なのでしょうか?
宇宙ということばでイメージすると、あまりにも広い世界で漠然としています。
でも、私たち自身の中にその法則を見つけることが出来るのです。

たとえば、24時間絶え間なく動いている心臓、そして寝ている時にも行っている呼吸、いつも一定に保たれている体温、血圧、血糖値、食事で食べたものを消化する臓器の働き、など数え上げればきりがありません。
このような、私たちの生命活動の根幹を担う働きは、私たちの意志で行っているものではなく、無意識のうちに行われています。

それが、宇宙が存在するための法則であり私たち人間が存在するための法則から来ているのです。
私たちは、自分で生きているのではなく、生かされている存在であり、その中で与えられた自由意志の範囲で生きているのです。
この生命活動の根幹を担う、宇宙の法則を数で表したものに、魔方陣があります。

数霊について、TOPへ戻る▲



数霊セラピーシステムを体験できるショップ img 数霊セラピーシステム

IHMドルフィン
会社案内個人情報取り扱いについてお問い合わせサイトマップ
Copyrights(C) IHM Dolphin, All Rights Reserved